さらに服を見直し、手放す2021年春

前回、「一向に小さくならないお尻」という現実に向き合い、手持ち服を見直し、2枚を手放しました

▼前回はこちら

手持ち服を見直す2021年春
20代前半までは、おしゃれこそパワーと思っていた私。 そこから片付けをし始め、今まで何十着もの服を手放してきました。 しかし、現在「確実に着る服」のみに絞っているかといったら、決してそうではありません。 手放すのに...

 

今回は、さらに手持ち服を見直します。いざ!

スポンサーリンク

さらに3枚を手放す

上から、

  • 着ないし似合わないワイシャツ
  • 部屋着にしていた夫のお古ハーフパンツ
  • 取り切れない毛玉・そして旬が過ぎたドルマンスリーブニット

 

着ようと思えば着ることが出来る、しかし、気分は全然乗らない3枚

上記のように、気分が乗らない理由を言葉にすると、「もういいでしょ…」と自分の中で納得できました。

 

さようなら。今までありがとう。ズバッ(資源回収の袋に詰め込む)

スポンサーリンク

衣装ケースがすっきり!

私の服は、フォーマルウェアはハンガーにかけ、それ以外の普段着は衣装ケース1段に全て収納しています。

 

今着ているもの&洗濯中のもの2セット・アウター・パジャマを除き、普段着は全てここに。

1年分を詰め込んでいます。

 

見た目にはまだ詰め込まれてる感がありますが、前回分と合わせて5枚処分したので、個人的にはかなりすっきりしました!

 

引き出し1段だけの収納は、手持ちの服がパッと一目で見渡せるので気に入っています。

おしゃれ心ゼロで、面倒臭がりの私が着るのは結局2セットなので、この引き出しは必然と季節外&予備になるのですよね。

 

さあて、日中温かい日も出てきたし、今春に着る服の確認をぼちぼち始めようっと。

タイトルとURLをコピーしました