粗大ごみになるものはできるだけ持ちたくない



—当サイトは広告を利用しています—

私の住む地区の資源ごみ・粗大ごみ回収は、月に一度。

 

回収頻度は少ないものの、回収場所は遠くないので、さして苦労せずに処分ができる恵まれた環境です。

 

いつもは空き缶や空き瓶など、リサイクルできる資源ごみを持って行っているのですが、

今回はそれらに加え、三輪車を持っていきました。

スポンサーリンク

粗大ごみに対する罪悪感

子供達が成長し、サイズアウトで乗れなくなってしまった三輪車。

 

使えるか、といえば使える。

 

しかし、購入して7年超経過した三輪車が安全性を担保できるとはいえません。

日焼けで色が落ち、プラスチック部分の表面には細かなひび割れが発生。

金属部分には錆があるし、目には見えない劣化もあるでしょう。

ジモティーで無料で出品すれば、欲しいと言ってくださる方がいるかもしれません。

それでも、お下がりで譲渡するには気が引ける状態です。

 

いろいろ考慮した上で、結局粗大ごみとして回収してもらいました。

 

うーん

すっきり!とは言えないこの気持ち。

 

三輪車は埋め立てられるのか、部分的に取り除かれてリサイクルされるのかわかりませんが、

粗大ごみを出すのって、あまりいい気持ちではないです。

 

我が家は三輪車で十分遊んだし、もう寿命と思えばいいのかな。

スポンサーリンク

できるだけ粗大ごみにはしたくない

今後も、子供の成長に合わせて自転車を買い(毎日乗らないならレンタルもアリかも)、

サイズアウトする度に手放すでしょう。

 

譲れる状態なら是非したいし、そうでないなら今回のように罪悪感を覚えつつ処分するかの2択。

 

 

物との付き合いは簡単じゃないな、と思い知ります。

 

願わくば、手入れをしながら長く使い、

できるだけ粗大ごみにしないような物の持ち方をしたい。

 

 

一昨年取った朝顔の種。今年もきれいに咲いて嬉しい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

手放す
スポンサーリンク
ももだるライフ
タイトルとURLをコピーしました