ごはんを食べて、あたたかい布団で眠る幸せ。

最近は欲しいものもなく、謎の焦燥感もなく、毎日が満たされている感じがします。

 

大切な家族と暮らし、寝食に満足している…

この幸せが永遠に続いていきそうな気さえしてきます。

スポンサーリンク

時間は有限だからこそ

▲少し前ですが、娘は4歳になりました。

 

永遠に続きそうな幸福。

 

でも、時間は有限で、命は限りあるもの。

いつこの幸福な毎日が終わりを迎えるのか、誰にもわかりません。

 

毎朝、朝日を拝めること。

家族に「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」が言えること。

 

家族一緒に食卓を囲めること。

「おいしいね」と感想を伝え合うことができること。

 

子どもの寝顔を見つめられること。

一緒に眠りにつけること。

 

些細なことばかりだけれど、私にとってどれもかけがえのない時間です。

人は老い、代は変わっていく

自分が年をとると同時に、周りの人達も年を取ります。

 

まだまだ元気でいてほしいけれど、時間の経過に抗うのは難しいことです。

これが今生の別れかもしれない、と覚悟することもある。

そして、それは自分も同じ。

 

周りの人々の老いや逝去を目の当たりにして、強く思うこと。

 

生きているうちは、好きなことを目一杯する

 

もちろん、嫌なことでもしなければならないことはたくさんありますが、

限りある人生なら、自分の好きなことをして生きたい。

 

確かな「今」この瞬間に、やりたい!と思ったことをどんどんやってみるのです。

スポンサーリンク

ごはんを食べて、あたたかい布団で眠る幸せ

周囲の近しい人との別れに際する度に、『できることは「今」しないと!』と思うようになりました。

 

ごはんを食べて、あたたかい布団で眠る幸せ。

そんな穏やかな毎日の側に、「次の瞬間に死ぬかもしれない」というメメント・モリが常に寄り添っているよう。

 

出来得る限り、好きな人と過ごし、好きなことをして、この人生を味わい尽くしたいです。

タイトルとURLをコピーしました