「自分で管理できる範囲の物」だけ持つ

ミニマルライフ

思い返せば、今まで生きてきた中で、いろいろな物が身のまわりにありました。

必要な物、不要な物、どちらともいえない物。

 

快適な生活を求める中で、自分にとって必要な物を見定め、不要な物を手放すことを繰り返し…

ようやく、「自分にとって必要な物」が絞れてきたように感じます。

スポンサーリンク

自分にとって必要な物とは

自分にとって必要な物。その大部分は「生活必需品」でした。

  • 衣類
  • 調理道具、食器類
  • 衛生用品
  • 寝具
  • 家具
  • 家電
  • 掃除道具

これらのほとんどは、「使いやすく、手入れしやすい」ことを重視して選んでいます。

 

生来の面倒臭がりなので、手入れが面倒だと、もうそれだけで使いたくなくなるからです。

だから、今我が家にある物は「私が管理できる範囲」のものです。

これ以上増えると、手に負えないかもしれないので。

使われず、放置され、薄汚れていく道具をもう見たくありません。

スポンサーリンク

「自分で管理できる範囲の物」だけ持つ

特に手入れが必要な道具といえば、家電でしょうか。

 

我が家も効率的に生活できるよう、用途に合わせていろいろ持っています。

冷蔵庫、電子レンジ、トースター、炊飯器、洗濯機、衣類乾燥機、掃除機、布団乾燥機、エアコン、扇風機…

思いつくまま列挙するだけで、10個もあります。

他に換気扇やウォッシュレットも含めると、もっとありそうですね。

 

家電は便利ではありますが、使うと同時にメンテナンスも必須です。

冷蔵庫・電子レンジ・トースター内部の拭き掃除、洗濯機・衣類乾燥機のゴミ取り、掃除機の紙パック交換、エアコンのフィルター掃除…

お手入れも、家電の数だけあるのです。

 

正直、めんどうくせ~です。

 

だからといって、手入れしなければ、正常に機能しなくなるし、寿命も早まります。

家電ゴミの行方を考えると、そう簡単に買い替えたくありません。

 

だから、「自分で管理できる範囲の物」だけ持つようにしています。

いや、もうそれしか持てないのです。私の手は2つだ。

スポンサーリンク

持つことは簡単だけれど

お金さえあれば、物を手に入れることは簡単です。

でも、物を管理するのもまた、人の手が必要です。

 

食洗器や掃除ロボットも便利だろうな~と思うのですが、手入れが増えることと天秤にかけると、無くてもまあ生きられるな、と思い結局購入していません。

そんなこと言ったら、他の家電も無くてもまあ生きられるか。

 

何が必要で、どこまで管理できるかは人それぞれ。

家電含め、今ある道具が長持ちしてくれるよう、面倒臭がりつつ手入れに勤みます。

タイトルとURLをコピーしました