【結露のカビ予防】出窓の「飾り格子」を外したぞ

我が家の出窓には、飾り格子が付いています。

防犯用の面格子ではなく、窓の内側に付いた装飾用の格子です。

 

建築当時は、出窓に飾り格子がトレンドだったのでしょうね。

同じくらいの築年数(20年)かと思われるお家には、よく見られる組み合わせです。

 

ただ、この飾り格子、掃除しづらい!!!

めちゃめちゃ掃除しづらいのであります。

スポンサーリンク

出窓の「飾り格子」問題

我が家の場合は、窓ガラスの内側のサッシ部分に格子をはめこむタイプ。

 

すると、窓が結露した際、ガラスと飾り格子の隙間にまで水が溜まってしまうのです。

面だけの拭き取りならまだ我慢できる…

隙間に入った水をどうしろと…?

 

隙間に入った水分は時間経過とともに蒸発するものの、カビの発生は免れません。

気休めにパストリーゼを吹き付け、格子の隅や角を拭くしかありませんでした。

スポンサーリンク

初めて飾り格子を外す

そんな飾り格子をよくよく観察してみると…

取付金具が数か所あります。

 

外してみるか…?

 

そおい!!

 

外れたー!

金具を外すだけで、簡単に飾り格子を取り外すことが出来ました。

 

そして現れたのは、ガラス面だけの窓。

結露自体を防ぐのは難しいけれど、これで拭き取りが簡単になる~!

いやっほ~~~!結露のカビともおさらばだぜー!

スポンサーリンク

引っ越しまで保管する

外した飾り格子と窓ガラスは、念入りに拭き掃除しました。

やっぱりカビてたねえ…

 

飾り格子はよく拭いて、よく乾かした後、45Lポリ袋を駆使して梱包し、ロフトに保管。

大小4つずつで、計8つ。

備品なので、ここを引っ越す際には、忘れずに取り付けなければいけません。

 

だらみ家が引っ越す日はいつになるかわかりませんが。(家探し難航中)

その日までお休み、飾り格子。

タイトルとURLをコピーしました