なかなか捨てられない物がある

生来のケチ根性で、不要な物でもなかなか簡単に捨てることができません。

 

家の中にはそういう物が転がっているのですが、「さすがにこれはもう無理だな…」と最近ようやく捨てた物がありました。

スポンサーリンク

ギリギリまで使わないと捨てられない性分

鉛筆です。だいたい2cmちょっと。

 

小さい子ども(特に小学生)がいると、あっという間に小さい鉛筆が増殖しますね。

鉛筆キャップを付けてしばらくはやり過ごすのですが、小指より短くなり始めると子供が使うには難しいです。

 

そういう短すぎる鉛筆は私の元に集められ、もう削れないギリギリまで使うのです。

2本を繋げて、さらなる延命を図ったり。

鉛筆キャップだと、どうしてもぐらつきが出るので、補助軸を導入するのもありですね。

 

学校のプリント(個人情報なし)を切った裏紙メモ帳に、やることリストや買い物メモを書くのに、日々使っています。

 

さすがに2cmを切ると削りにくくなるので、これで使い切り!と処分しました。

スポンサーリンク

鉛筆が好きだ

鉛筆のカリカリした書き心地、好きなんですよね。

無意味に、思いついた言葉を書き綴ったりしちゃう。

また2Bのやわらかさが懐かしいのです。

手が黒くなるけどさ!

タイトルとURLをコピーしました