「クローゼットの引き算」をして、本当に必要な服だけですっきり暮らす。

ミニマルライフ

クローゼットに服はたくさん入っているのに、「着ていく服がない…」と悩むことがありませんか?

 

「このデザイン、素敵!」とはしゃいで買ったはずの服なのに、いざ出掛ける時に着てみると、「思ったのと違う…」とがっかりすることが何度あったか!

 

服の買い物については、過去に失敗をたくさんしてきました。

スポンサーリンク

「クローゼットの引き算」をする

fotor_148023322283967

金子由紀子さんの「クローゼットの引き算」に、クローゼット内の服をランク分けするための基準が書かれてありました。

〇…シーズン中、週に1回以上着る
服の印象…いつも着ている、お気に入り、ないと困る、とても便利、似合うといわれる、着心地がいい

△…シーズン中、月に1~2回着る
服の印象…ときどき着る、あると便利、好きだけれど似合わない、最近趣味が変わった、傷んできた、サイズが合わなくなってきた

×…今(昨)シーズンは着なかった
服の印象…傷んで外では着られない、高かったけれど失敗だった、素敵だけど着心地が悪い、素敵じゃない、気に入ってない

 

お手持ちの服はどうですか?
この分類作業は、服の数を減らすためではありません。

 

「手元に残す服を最大限に活用する」
ことが目的とのことです。

 

確かに、「これ欲しい」「素敵!」だけで買った服は、
自分が実生活で使うかどうか、ちゃんと考えていないことがほとんど…

スポンサーリンク

本当に使う物だけが輝く、クローゼットへ

服を着ること、買うこと、または作ること…

そのどれもが、幸せな気持ちで行えるように。

 

私が本当に使う服だけを選びたい。

以前の私はそれができていませんでした。

 

一時の高揚感で買った服は、その場だけの「欲しいもの」であって、

実生活で着用することはほとんどありませんでした。

結果的に、私のクローゼットを圧迫し、最後はほぼ新品のまま処分されるという悲しい末路をたどりました。

 

そんな服はもう増やしたくありません!


本当に使う服だけを選んであげたい。

 

新しく服を買う時は、たくさん着用して、愛しくなるような服を迎えます。

タイトルとURLをコピーしました