シンク下を「取り出しやすく、しまいやすい」収納に改善したぞ

お部屋公開

我が家の台所です。

 

このシンク下収納が使いづらくて、大変難儀しておりました。

スポンサーリンク

収納の前に物を置くと、「収納は死ぬ」

台所で使う調味料類は、コンロ下に収納しています。

しかし、そのコンロ下収納の前には…

ごみ箱が鎮座しているのです。

 

台所にゴミ箱があるととても便利なので、こちらに置いているのですが、収納の前に物を置くと、「収納は死んだ」状態になってしまいます。

 

写真のように、一度ゴミ箱を移動させなければ、中の物は取り出せません。

 

料理の度に、このゴミ箱移動を繰り返していたのですが、いい加減やめることにしました。

シンク下収納をまるっと改善だ!

スポンサーリンク

シンク下を「取り出しやすく、しまいやすい」収納にする

まずは作業台下の収納を変更します。

 

ここには、家族が使うコップ・グラス類、ボウル・ザルなどの調理道具、塩コショウを収納していました。

一旦すべて取り出し、拭き掃除をします。

 

そして、調理道具に加え、コンロ下に収納していた調味料や鍋を、取り出しやすくしまいやすく収納し直しました。

 

コンロ下は、夏場はあまり使わない琺瑯の両手鍋とミルクパンだけ。

ミルクパンはこの扉を開けなくても、作業台下から少し手を伸ばせば取り出すことができます。

 

ということで、コンロ下の収納扉は「開かずの扉」として封印することにしたのでした。

「死んだ収納」救済策無し!

スポンサーリンク

コップ類は食器棚にまとめて収納

台所にあるカップボードに、シンク下のコップ類を移動させます。

 

狭い台所がゆえに、カップボード前にも椅子が置いてあるので、カップボード右側の扉収納はほぼ稼働していません。

レトルト食品や飲料水などの備蓄庫になっています。

食器・コップ類をまとめておさめることができました。

スポンサーリンク

収納を見直すことで、生活動線も改善!

料理する度に、ゴミ箱を移動させる手間がようやく無くなりました。

すると作業が進む、進む!

アクション数を減らすだけで、作業効率が大幅に上がりました。

たかが扉の開閉ですが、侮れません。

 

また、今回の収納変更が動線の改善にも繋がりました。

今までは私の料理中に、家族が作業台下のコップを取ろうとすると、作業台前で動線がぶつかっていました。

 

今回、コップ類をカップボードに移動したことで、私と家族の生活動線を分けることができ、結果的に料理に集中できるようになったのです。

やったね!

 

収納ひとつで、そこに暮らす人の動きは大きく変わります。

ストレスなく暮らせるよう、改善できるところはどんどん変えてみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

お部屋公開
スポンサーリンク
ももだるライフ
タイトルとURLをコピーしました