「HASAMI」のプレートミニとブロックマグビッグがやってきた。

こんにちは、だらみです。

 

わたしの不注意で、長年苦楽を共にしてきたダイソーの小皿を2枚割ってしまいました。

処分するついでに食器のチェックをしてみると、プリントが剥げた小皿2枚・縁が欠けたグラスが3個あり、これらも処分することに。

 

小皿が4枚・グラスが3個一気に無くなると、生活に支障が出るため、ここいらで新調するか~と選んだのが、「HASAMI」の製品でした。

 

スポンサーリンク

HASAMIのプレートミニ・ブロックマグビッグ

「HASAMI」は、有限会社マルヒロが展開している波佐見焼(長崎県波佐見町)のブランドです。

 

HASAMI season1 銘判(高台裏ロゴ)仕様変更のお知らせ | 有限会社マルヒロ | 波佐見焼の陶磁器ブランド
波佐見焼の陶磁器ブランド、HASAMI・BARBAR・ものはら・the placeを運営する有限会社マルヒロの公式サイト。

 

シンプルな造形、発色の良い色使い、どんなシーンにでも使える汎用性の高さが魅力です。

 

 

今までず~っと実家から譲り受けた食器で暮らしてきたため、一度自分で食器を選びたいなあと思っていました。

 

今が!その時!

 

そうして選んだのがHASAMIのプレートミニブロックマグビッグです。

 

HASAMIのマークは、釉薬をかける際に用いるハサミがモチーフになっているみたいです。

波佐見焼ができるまで|マルヒロオンラインストア
400年続く長崎県波佐見焼。波佐見焼が出来上がるまでを写真やイラストや動画でご紹介。

↑波佐見焼ができる工程が紹介されています

 

プレートミニ5枚

  • ホワイト3枚
  • ネイビー1枚
  • ブラウン1枚

 

もっと鮮やかなカラーもあるのですが、如何せん保守的なもので…何にでも使えそうな色を選びました。息子用にマスタードとかブルーも良かったかも。

 

ホワイトは真っ白ではなく、やや黄味がかったオフホワイトです。

 

 

わたしの貧相な料理では写真に耐えないので、お菓子を。

 

iittalaに似た感じですが、比べると縁は狭めで立ち上がりは鋭角です。

 

直径15.5cmで、ケーキ皿としてはもちろん、取り皿としてもOK。

 

ブロックマグビッグ2個

  • ホワイト
  • ネイビー

 

グラスよりもマグカップのほうがいろいろ使えると思ってこちらを選びました。

 

満杯にすると300㏄入ります。

重量300gと重めなので、軽いのが好きな方にはおすすめできません。

しかし、重さがあるため倒れにくいです。

 

こんなふうにスタッキングできます。

 

見た目は直線的でカクカクしていますが、カップの底は丸く作られているので、とても洗いやすいです!汚れが溜まりにくくて良いです。

 

プレートミニと組みわせるとこんな感じ。

 

スポンサーリンク

物は毎日使ってこそ

我が家にはそんなに来客が無いので、食器は普段使いできるものがいい。

 

華美でなく、丈夫で扱いやすい。それでいて美しいデザイン。

 

届いてから毎日使っていますが、汚れも落としやすいし、かなり使いやすいです。

食器棚で眠らせるものはそんなに無くていい。毎日使える食器がいい。

 

これから大事に使っていきたいと思います。

 

 

マルヒロオンラインストアでは、限定カラーや数量限定のコラボバージョンも販売されているので、かな~り迷いました…クリスマスカラーもかわいいです。

ブランド,HASAMI,SEASON 01 | マルヒロオンラインストア
「マルヒロオンラインストア」の「ブランド,HASAMI,SEASON 01」カテゴリーの商品一覧

 

 

▼応援クリック、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼シンプルライフ的断捨離!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルに子供と暮らす
子育てとミニマリズム
すっきり暮らす

 

▼ミニマルライフのお手本に
素敵な大人のシンプルライフ
30代のファッションと毎日。
少ない服で着回す
やっぱり好き MUJI 無印良品
シンプルで豊かな暮らし

タイトルとURLをコピーしました