【ミニマルライフのコツ3つ】優先順位を決める・自分の最適量を知る・「今」必要な物を持つ

ミニマルライフ

生活していれば、どうしたって「物が増える」現代。

 

必要な物もそうでない物も、増え続け、ごちゃまぜになってしまうと、途端に片づけるハードルがグーン!と高くなってしまいます。

 

そうなると、

片づけられない→ さらに物が増える→ 手が付けられないほどの物量になる

という、地獄のループへ…

 

この状態が続くと、いわゆる汚部屋・ゴミ屋敷になってしまいます。

 

そうなる前に、必要な物とそうでない物を選り分ける必要があります。

スポンサーリンク

優先順位をつける

日々の家事でも、仕事でもそうですが、まず物事に優先順位をつけることが第一です。

 

何が一番大切で、どれがそうでないのか。

 

自問自答しながら、必要な物を確かめます。

紙に書きながらチェックするのも、単純ですが良い方法です。

自分が思っている以上に物を持っていることが、目に見えてはっきりわかると思います。

 

昔の私は服を多く持っていたので、服の優先順位を決めるのが片付けの難所でした。

どれだけ「素敵」でも、「毎日着たい!」と思える服ではなく、実際に全然着ていない服が何着もありました。

 

優先順位の高い服今着ている服と、これから毎日着たいと思える服)を選び、その他は手放しました。

 

「自分で決めた優先順位の高い服」を着ていると、「大切に着たい」という気持ちが強くなります。

そして、身のこなしや姿勢に気を付けるようになり、服の傷みやボタンのゆるみなどを確認する回数が増えました。

かといって、その手間を面倒とは思っていません。

 

大切にしたいからこそ、必要な作業だと思っています。

優先順位の高い服は、どうでもいい扱いにはしたくないのです。

 

「お手入れが面倒臭い…」と思うなら、それほど大事にしたい物ではないということ。

生来の面倒臭がりで、だらだらするのがなによりも好きな私が「お手入れしてでも長く着たい!」と思うほど大事な服は、ほんの数枚でした。

スポンサーリンク

自分の最適量を知る

優先順位をつけて物の量を減らすと、だんだんと生活しやすくなります。

せっかく片付き始めた家を、また物でいっぱいにしては元の木阿弥。

 

子育て中の今、独身時代に着ていた服は全く使えなくなりました。

子供は襟元やすそを引っ張るし、外遊びで土や砂が付いて汚れるし、
ドライクリーニングが必要なニット類は気を遣うので使えない!

 

代わりに、洗濯機でガシガシ洗える綿100%のカットソーやTシャツ、ストレッチの効いた服をよく着ています。

 

毎日手を伸ばす服は自然と決まっています。

ガシガシ洗えて、動きやすい服ばかり。

その他には、季節に応じたちょっとおしゃれしたい時用の1セットがあれば十分です。

 

私の場合、普段着3セット、ちょっとおしゃれしたい時用1セット最適量です。

 

そうして着倒したお気に入りの服は、擦り切れたり首元がよれたりしてどうにも着られなくなった時に、ウエスとして再利用し、処分。

同時に、処分した枚数分を新しく買います。

 

こうすることで、服は増えることなく、常に自分に最適な量を管理できるのです。

物が増え続けないために、自分の最適量を知ることは、とても重要です。

スポンサーリンク

「今」必要な物を持つ

私と家族が生きている「今」こそ、一番充実した時間でありたい。

いつもそう思っています。

 

そのために、「今」の家族に必要かどうか、定期的に物の見直しをしています。

 

我が家の場合、たとえば、長い間保管していた育児用品。

実母が残しておきたいと言った物は実家に移し、

それ以外の状態の良い物は、使いたいと言ってくれる知り合いに譲りました。

 

子供は成長し、その時々で必要な物が変わります。

物を捨てずにずっと持ち続けるのは無理ですし、そこに住む人よりも物が優先される状態は、暮らしにくさに直結します。

 

物を定期的に見直して、「今」必要な物を持つ。

そして、不要な物は手放す。

 

上記を意識して、習慣化することがミニマルライフを送るコツだと思います。

タイトルとURLをコピーしました