学校に提出する「ぞうきん」を手縫いする

こんにちは、だらみです。

小1の息子、小学校生活で初めての夏休みに突入しました。

 

学校からのお知らせが波のように寄せ、私はそれをどんどん読んで頭に入れていく…

という作業をしていた時、2学期始業時に持って行くものリストの中に、「ぞうきん2枚」とあるのを確認したのです。

スポンサーリンク

ぞうきんを買うか。それとも作るか。

最初は、「ぞうきんね。よし、買ってくるか。」

と、完全に買う気満々だったのです。

 

その後、少し考えて、「作ってみるのもアリかもな」とも思いました。

 

買うのは容易いことで、今どき100円均一でもぞうきんを買えるのです。

でも、自分で作ってみるのもそれはそれで良いかも。

不器用な自分でも、ぞうきんなら縫えるかもしれない…

スポンサーリンク

ぞうきんを作ってみる

ということで、レッツチャレンジ!

 

頂き物の真っ白い薄手のタオル(新品)があったので、そちらを使いました。

 

▼ぞうきんの作り方

  1. タオルを半分に切る。
  2. タオルの端(分厚い部分)の縫い目をほどく。
  3. 半分に折り、長辺を縫ったらひっくり返す。
  4. 短辺2か所を縫う。
  5. 対角線に縫う(×印)。

 

タオルの端の縫い目をほどくのが面倒なら、切っても可です。

手縫いなので、できるだけ針を通しやすくするために、端をほどきました。

ミシンを持っていないので、全部手縫いです。

対角線がちょっと曲がりましたが、許容範囲でしょ!と大甘採点にしておきました。

 

かかった時間は、全工程2枚分で約50分でした。

スポンサーリンク

ぞうきんは買うも良し、作るも良し。

フェイスタオルを2等分して、2枚のぞうきんを作ることができました。

生地が薄いので、絞りやすくて扱いやすそうではありますが、耐久性は気になるところです。

 

 

たまには、こうして無心でチクチク縫うのも楽しいですね。

俗世のアレコレと距離を置いた気分になれます。

 

クオリティを問わない物であれば、今後もチクチク手縫いを楽しみたいな、と思いました。

気持ちと時間に余裕があれば。次回は未定!

タイトルとURLをコピーしました