死蔵品はいらないんだよう!全然使わない食器を手放したぞ

全然使わないけれど、まだ使える・状態の良い・傷や汚れの無い物。

そう、いわゆる死蔵品ですね。

 

私ミニマリストなんて言ってますが、死蔵品あります、まだまだあります。

スポンサーリンク

使えるけど使ってない「死蔵品」

我が家でいえば「食器」が死蔵品に当てはまります。

使ってないな~と思いながら、なかなか処分することが出来ません。

 

「だって、まだ使えるし…」と躊躇してしまうんですよね。

 

使ってないのは自分なのにね!

 

でも、それは使わってないから状態が良く、きれいなのです。

本当に使う物ならば、使用することで徐々に消耗し、劣化を経て、物としての役割を終えることで処分に繋がります。

「これは使い切った」という気持ちの区切りが付きやすいのです。

スポンサーリンク

現状使っていない物は、この先も使うことはない

食器、特に陶器・磁器・ガラス製のものは、使わずに置いていても朽ちるものではありません。

だからより処分しづらいのよね~

 

結局、普段使う物は決まっているし、使うのには理由があるんですよね。

たとえばお皿なら、「飯椀・汁椀・小鉢・取り皿・平皿・どんぶり」があれば我が家の食事は問題なし。

使っている食器は全て、使用目的に応じた形状・重量をしており、どれも使いやすい物ばかり。

 

対して、これに当てはまらないお皿は使用回数はほぼ無し!

まさに死蔵品になっています。

 

死蔵品は収納を圧迫するし、必要な物を取り出しにくくなるし、置いておいてもいいことは…無いなあ。特に気に入っているわけでもないし。

スポンサーリンク

ということで死蔵品の食器を手放したぞ

こうして状況を整理して現実に向き合うと、手放そうという気持ちが湧いてきますね。

ということで、全然使っていない食器を処分します。

 ▶深皿3枚、ボウル1個、ガラス保存容器2個

 

ガラス保存容器は、作り置きおかず用に意気揚々と購入したのですが、結局作り置きおかずを作ることはなく…

大量に作ると味に飽きるタイプだし、残り物があっても少量なので、私にはこの大きいサイズは合いませんでした。

デザートカップ・小鉢としても使っている200mlのものは残します。

 

これで食器は使っているものばかりになりました。よし。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

手放す
スポンサーリンク
だらみをフォローする
ももだるライフ
タイトルとURLをコピーしました