【面倒臭がりでも】毎日マキタのコードレスクリーナーで手軽に掃除

スポンサーリンク

スポンサーリンク



マキタのコードレスクリーナーを購入してから早2年。

毎日使っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

毎日使うマキタのコードレスクリーナー

私が使っているのは、CL107FDSHW紙パック式・ワンタッチボタン版です。

サッと捨てられる紙パックの扱いやすさと、トリガー式だと指が疲れそうという懸念でこちらを選びました。

結果、満足しています。

毎日、家中をこちらで掃除しています。平均稼働時間10分ほど。

正直、コード式の家庭用掃除機と比較すると、集塵率は低いと思います。

特に、静電気の発生しやすい冬にジョイントマットに落ちている髪の毛がなかなか吸えないことがあります。コード式ならヒュッと吸えるのになあ…

その時はカーペットクリーナーで髪の毛を取るしかないです。

10.8Vでなく、18Vのハイパワー上位モデルだとまた吸い込みが違うのでしょうか。

コードレスクリーナーの手軽さがなにより好きだ

集塵率の問題はあるものの、部屋間の移動も気兼ねなく手軽に持ち運べ車内の掃除もできるコードレスクリーナーはとても便利だと思っています。

今は子供が小さいので、お菓子の食べかすがポロポロ床に落ちるんですよね。

それをすぐに掃除できるのが嬉しいです。

また、車内の掃除もあまりできていなかったのが、コードレスになったことで思い立ったらできるようになりました。

公園帰りだと、特に土埃や砂がシートによく落ちるのでコードレス様様です。

バッテリー3個持ちです

コードレスクリーナーは、コードが無い代わりにバッテリー充電をしなければなりません。

2年前に本体を購入した時に付属していたバッテリー1個は、2年過ぎた頃から明らかな力不足に。充電すれば1分ほど使えるので、しぶとく使っています。

毎日10分程度使って2年か…

コスパとしては良くないかな。バッテリー自体高めですし。

それでも手軽さを取って、2代目・3代目バッテリーを追加購入して使っています。

通常版と大容量版。

充電自体は面倒に感じたことはありません。

数十分放置しておくだけだし。

手軽に掃除できるので毎日続く

クリーナー本体にバッテリーをガチャっと取り付けるの、楽しいんですよ。

戦闘準備完了…と心の中でつぶやいています。何になりきっているのか。

それはまあ別にいいんですが、手軽に持ち運べるので、毎日掃除できています。

面倒臭がりですが、家の清潔は保ちたい。

日中家にいるのは私ですし、自分のためにもきれいな空間は嬉しいのです。

マキタ氏、引き続きよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする