「服の寿命」と「捨て時」っていつなの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、だらみです。

「服の寿命」、「服の捨て時」

膨大な量の服を処分する決心がつかない時に、よくネットで検索していたワードです。

見た目も良いし傷みもない服だと、特に迷いますよね。

誰かに「これ、捨ててもいいんじゃない?」と背中を押してもらいたかったのだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

「服を着続ける」ということ

fotor_147889568469178

というわけで、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんの「かしこく暮らす100の知恵」を読んでみました。

阿部さんにとって、「服を着続ける」ということは、

「着る、手入れする、また着る、とぐるぐる回しながら、
長く大切に着続け、いろがあせたり、よれたり、焼けたりしたら普段着にして、
さらにほつれたり、穴が開いたりしたら、ハサミを入れて雑巾や古布にしていく」

ことだそうです。

お気に入りの1枚を着て、着て、着倒して、ウエスにするまで着続ける。

そういう覚悟ができない服は、持たないほうがいいのかもしれませんね。

モノも服も大事に使い尽くす

服だけでなく、モノ全般にいえることですが、できるだけ最後まで大事に使い尽くしたいと思っています。

今あるものを使い切る、それが私のモノとの向き合い方です。

今回取り上げた阿部さんの考えは、モノを活かし切ることそのもので、とても共感しました。

▼服や物を使い切るために

  • 最後まで使い切る覚悟のないモノは持たない。持ち込まない。
  • 今使っている物は、大切にケアしながら、最後まで使い切る。

新しく服を購入する時も、この考えを頭の隅に置きながら、「最後まで使い切れる代物かどうか」じっくり考えたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする