「80歳で20本の歯を保つ」ためにしていること

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、だらみです。

私が小学生の頃に、「80歳で20本の歯を保とう!」というCMか番組が流れていました。

記憶はあいまいですが、その標語はずっと頭に残っており、歯だけは大事にしなきゃいけないな…とぼんやり意識して生活しています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

「80歳で20本の歯を保つ」ためにしていること

「8020運動」とは

調べてみると、日本歯科医師会が推進している「8020運動」のことでした。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。

楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

日本歯科医師会「啓発運動『8020運動』」より

なーるほどねー。

数年前にセラミックのクラウン1本を被せた以外は、なんとか自分の歯でやっています。

審美へのこだわりはないので、食べかすなどの汚れを落とす自宅での毎日のケアと定期検診だけは続けるという方針です。

面倒臭がりゆえ、いろいろ増やすと続かないので…

歯磨きセット

毎日使っている道具はこの3点。

  • ライオン チェックアップスタンダード
  • 歯ブラシ
  • ライオン クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ

歯磨き粉のチェックアップは泡立ちが少ないので、しっかりと最後まで歯を磨くことができます。

ここ数年はずっとこれ。

ライオン チェックアップ スタンダード 1450ppm 135g

歯を磨いた後は、フロスで歯の間に残った汚れを取ります。

自分で糸を切るタイプより、こちらのY字タイプのほうが奥歯にも届くので使いやすいです。

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ(30本入)【クリニカ】


息子にはチェックアップのフッ化物配合ジェルを使っています。

今のところ虫歯ゼロなので、このまま持続したいところ。

歯ブラシはダイソーやセリアでも気軽に手に入る、田辺重吉の歯ブラシを使っています。

が、私と息子にはサイズが合わず、別の物を探している途中です。

未開封のものは夫に使ってもらおう。

1歳の娘には、GUMのと仕上げ磨き用と乳歯期用の2本体制。

Amazonの定期便で購入しています。息子はこの永久歯用にしてみようかな?

↑仕上げ磨き用

↑乳歯期用

3ヶ月に1度の定期検診

緊急事態宣言があり、2か月ほど延期になっていた定期検診が再開されたので、先日受診しました。

歯茎の出血はほとんど無く、磨き残しも少なかったので歯科衛生士さんに褒められ、いい歳したBBAは心の中で喜びました!イエーイ!

歯垢を取ってもらい、丁寧に磨いてもらってツルツルの歯で気分は上々。

これからもゆるく続ける歯のケア

毎食後の歯磨きとフロスを心がけていますが、できない時もあります。

あまり気負い過ぎても続かないので、「寝る前だけは必ずする」ように、それだけは守っています。

定期検診については、多少お金はかかりますし、通院する面倒臭さはありますが、歯の健康の重要性を考えれば払うべきお金と時間だなと思います。

永く自分の歯を使い続けられるよう、今後もゆる~く歯のケアを続けたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする