ラン活に情熱の無い我が家のランドセル選び

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、だらみです。

来年は小学校に入学する息子。

入学にあたってランドセルを買わねばなりませんが、工房選びとか新作予約とか、正直言ってそこまで情熱が無い親です…

そんなランドセル活動略してラン活に興味がない我が家が、早々にランドセルを購入しましたのでその記録をば。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ラン活に情熱の無い我が家のランドセル選び

まずは楽天ランキング上位を軽くチェック

以前に、ネット検索して楽天のランキング上位にあった「コクヨ×あんふぁん ベーシックモデル」の画像を息子と見ていました。

コクヨ×あんふぁん ランドセル 女の子 男の子 <ベーシック> 2020年度版 2019年度版 カク-AF5501[2021年4月よりメーカー6年間保証付き]

「黒がかっこいいね~」と言っていた息子。

日本製価格も手ごろだし、機能も必要十分そうだし、なかなか高評価なので、母としても心は半分これに決めていたのです。

ただ、残念なことに高知では取り扱い店舗は無い模様…

コクヨ×あんふぁん企画 コクヨ ランドセル2021 公式webサイトの取扱店一覧・イベント一覧ページです。

さらに、2021年度版はリニューアルし、価格も改定。

コクヨ×あんふぁん企画 コクヨ ランドセル2021 公式webサイトのラインアップ紹介ベーシックモデルの詳細ページです。

見たところ、前モデルと比較して機能的にはあまり変化が見られません。

飾り鋲が反射板でなくなったこと、全体的に丸いフォルムになったのが変更点かな?

それならリニューアル前のモデルがいいということで、売り切れる前にサッと購入したい!と気が急く私でした。

ランドセル売り場を見てみたら…

そうはいっても、実際にランドセルを背負ったり重さを確認したいところ。

緊急事態宣言解除後に、イオンなどのランドセル売り場に行って見てみました。

いろいろなメーカーやブランドコラボのランドセルが陳列されていましたが、デザインの主張がかなり強い!

それがお好みならいいのですが、息子の中では最初に見たコクヨ×あんふぁんのベーシックモデルが自分のランドセル像らしく、売り場でこれだ!という物は見つかりませんでした。

意外とシンプルな物って無いんですね…

そして、価格は税込で最安値で3万3000円、あとは5万円前後~7万円台でした。

6年間使う物だから、減価償却で見れば妥当な価格なのかもしれませんが、気持ちは一層コクヨに傾きます。

とりあえず、コクヨのベーシックモデルと同じ重さのランドセルを背負ってみて、これなら大丈夫そうだと確認。

帰宅後、息子と再度意思確認、夫とも仕様や機能を確認し合ったうえで、サクッとネット注文をしました。

コクヨ×あんふぁん ベーシックモデル2020年度版を購入

こちらのシブヤぶんぼうぐ様で購入しました。

コクヨ×あんふぁん ランドセル 女の子 男の子 <ベーシック> 2020年度版 2019年度版 カク-AF5501[2021年4月よりメーカー6年間保証付き]

丁寧にラッピングされて届きました。

息子個人の物だから写真はありませんが、実物はシンプルイズベスト!

軽いけれど容量もしっかりあるし、特に気になる点はありません。想像通りです。

しばし背負って記念撮影。

「わたしも~」と手を伸ばしてきた1歳の娘にも背負わせてあげる、やさしい兄ぃ…

我が家のラン活、これにて終了

ということで、こんな感じで我が家のラン活はゆるく終わりました。

ランドセルも多種多様で、上を見ればきりがなく、選択肢を広げれば広げるほど親子で迷走していたかもしれません。

個人的には簡単に終わって良かった~!

ランドセルよ、来春まで魔のクローゼットでしばらく眠れ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする