【高知でおでかけ】むろと廃校水族館に行ってきた!

こんにちは、だらみです。

今回は久々の「高知でおでかけ」シリーズ!

高知県は室戸市の「むろと廃校水族館」に行ってまいりました~

スポンサーリンク
レクタングル大広告
スポンサーリンク

むろと廃校水族館に行ってきたよ

わたくし、室戸に行くのはめちゃめちゃ久しぶりです!

道中立ち寄った実家で授乳休憩をはさみつつ、思ったよりも早く到着しました。

高知市内から大体2時間ちょっとですかね。

むろと廃校水族館

〒781-7101
室戸市室戸岬町533-2

● 営業時間

 4月~9月  9:30 ~ 18:00
 10月~3月 9:00 ~ 17:00

●入館料

 大人(高校生以上)600円
 子供(小・中学生) 300円
 未就学児は無料

室戸市観光ジオパーク推進課URL : https://www.city.muroto.kochi.jp/pages/page0343.php

Twitter : https://twitter.com/murosui_kochi

館内に入ると、当たり前ですが小学校感満載!

思わず子どもの背丈までかがんで見回したくなります。

イカスミで書かれた令和。

子どもたちが書いた書初めも飾られていました。

ハンドベルで遊んだり。

学校の教材や備品を多く展示しているので、大人は懐かしく、就学前の息子は目を輝かせて見ていました。

ウミガメ!イシダイ!ハンマーシャーク!

学校備品もたいへん楽しいのですが、やはり目玉は生体展示!!

ウミガメがすいすい泳ぐ円柱状の水槽に…

システム化された水滴払拭作業(笑)

(水槽前にタオルが置かれています)

いろんなエビもいるよ~!

生体だけでなく、標本も。

かつてお祝い品として出回っていたウミガメの剥製や、クジラの骨も展示されていました。

室戸市はウミガメの産卵場所、そして捕鯨が盛んだった町としても有名です。

海辺の町だからこそ、人と海洋生物の関わりが身近に感じられるのでしょうね。

展示されている生体は地元で漁をしてとれたものだそうです。

屋内を巡ったら、次は屋外プールへ!

砂を敷き詰めたプールには、ウミガメやハンマーシャーク(シュモクザメ)、大小さまざまの魚が泳いでいます。

息子は販売されている餌をあげて楽しみ、わたしは魚群を眺めて癒しのひと時…

はあ~癒される~

天気の良い日は日射が直接当たるので、帽子や日傘があると良いですよ。

いつか引きたい「ぶりくじ」

元・小学校ということもあり、生物はもちろん、それ以外も見どころがたくさんあったむろと廃校水族館。

授乳・おむつ替え室もあり、子ども連れの家族も多く来ていました。

ただ、エレベーターが2階までなので、3階にベビーカーで行くのはちょっと大変かもしれません。抱っこ紐があると便利です。

おみやげも、「ぶりくじ」「かめぼこ」など、個性的なものがずらり。

結局ぶりくじは引きませんでしたが、いつかは引いてみたい…

ちなみに、こちらの入館券はシールになっています!

丸い鯖シール鰤シール

この丸の大きさは、室戸で産卵するアカウミガメの卵の平均的な大きさなんですって。

勉強になるわ~!

裏面に押された出席印。

凝ってるう~!

帰り道で眺める太平洋。

帰りに、キラメッセ室戸にて、塩バニラ&チョコレートジェラートを食べました。

道の駅 キラメッセ室戸

〒781-6833 高知県室戸市吉良川町丙890-11

URL : https://www.kiramesse-muroto.jp/

廃校水族館に行く途中に、室戸世界ジオパークセンターがあったので、今度はそちらも行きたいです。

そしてキンメ丼も!!

こちらもおすすめ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする