【ミニマリズム】「安さ」に釣られる夫と増えるおもちゃ問題

こんにちは、だらみです。

夫は「安さ」に惑わされやすい人です。

「安い」=「お得」=「買わなきゃ損!損!」という思考回路になっているので、結局使わなくなるものをホイホイと買ってきてしまいます。

100円ショップの良いカモです。

買ってきたらそのまま、包装も開けず放置してほこりをかぶった商品がいくつもありました。

息子が産まれるまでは見逃していましたが、増えるベビーグッズで収納スペースに余裕が無くなってしまったので抗議することに。

「うちは狭くて収納スペースも無いし、不要なものを買うお金がもったいないからよく考えて買い物をして!」と注意したら、夫の「買わなきゃ損損」傾向も昔ほどではなくなりました。

が、しかし。

スポンサーリンク

息子のためなら買い物のハードルが簡単に下がる夫

息子が乗り物好きのため、トミカやチョロQ、プラレールなどのおもちゃを何台か持っています。

我が家の方針として、誕生日とクリスマス以外はおもちゃを買わない(親戚からのプレゼントや園のイベントでのおみやげ、たまのハッピーセットは除く)ことにしているのですが。

しているはずだったのですが。

突如現るトミカビル

息子が「トミカビルがほしい~」としょっちゅう言っていたので、今年のクリスマスプレゼントにする予定でした。

しかし、調べると定価で販売されている店がほとんど無い!!!

製造休止したのか廃番なのか…新品だと定価以上の高値で販売されているのです。

対して、ユーズド品はフリマアプリやオークションなどで安価で出回っています。

「ユーズドを購入して、残った予算で好きなトミカを購入することにするか?」と夫と相談していました。

ある休日、息子と2人で外出した夫。

帰宅したその手には、トミカビルの箱が!!!

夫「セカンドストリートで1300円で売ってたから買ってきちゃった///」



▼夫の主張

  • 状態は良いし、パーツも揃っている。
  • 1300円という価格は、メルカリやオークションよりも安く、ほとんど最安だ。
  • クリスマスまで待っていたら、売り切れてしまうかもしれない。

うん…わかる、わかるよ。

じゃあこっそり買って、クリスマスまで隠しておかないか…

と言っても後の祭り。

もう息子は手に入れたトミカビルに夢中です。

サンタさんが持ってきてくれる予定だったのにな…

さらなる「安さ」に釣られそうになる夫

そして、またリサイクルショップに行きたいという夫のリクエストにこたえ、先日家族で何店舗か回ってきたのです。

そこで夫が見つけたのは、トヨタの知らない車種のトミカ

100円也。

夫「わ!これ状態良い!

  安いし買ってあげない!?」

おいおいおいおい

とりあえず、息子本人に見てもらいました。

息子「いらない」

息子に即答され、それでも買うかしばらく悩む夫。

息子本人がいらないって言ってるのに、なぜ夫は欲しがるのか…

完全に「安さ」の虜になっています。

「安いけど別に欲しくない車よりも、多少お金を出しても本当に欲しい車を買ってあげるのがいい」と話し、そのトミカは買わず、店を出ました。

際限のない欲

トミカビルを手に入れた息子は、「やまみちドライブがほしい~」と言い始めました。

やまみちドライブは、トミカビルに連結して遊ぶことのできる大型のおもちゃです。

連結して遊べたら、そりゃあもう楽しいでしょう。

キャーキャー言いながら遊ぶ息子の姿が想像できます。

しかし、今度こそクリスマスまで待ってもらいます。

欲しければいつでも簡単におもちゃが手に入るなんて、思ってもらいたくありません。

と、横目で夫をけん制しつつ、出産前の片づけを進めております…

▼こちらもおすすめです!(ブログ村テーマ)▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

▼ミニマリストブログを読む▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼ミニマルライフのお手本に▼
やっぱり好き MUJI 無印良品
少ない服で着回す
すっきり暮らす
素敵な大人のシンプルライフ
30代のファッションと毎日。

▼シンプルライフ▼
シンプルで豊かな暮らし
シンプルに子供と暮らす
子育てとミニマリズム
親の家の片づけ

こちらもおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする