【物を長く大切に使う】羽毛布団を買い替える前にコインランドリーで洗ってみた。

こんにちは、だらみです。

梅雨の晴れ間に、夫の羽毛布団を片づけました!

この冬、息子にダイブされ、踏みつけられ、ぺちゃんこになってしまった羽毛布団…

もともと、夫が独身の頃から使い続けてきた掛布団です。

「ぺちゃんこで重く、さして温かくないこの布団に羽毛布団としての価値はまだあるのか!?」と思い、最近まで新しい掛け布団を探していました。

でも破れているわけではないし、新しく購入する前に一度お手入れしてみることにしました。

スポンサーリンク

コインランドリーで羽毛布団を洗ってみる

はい、こちらがぺちゃんこの羽毛布団です。

クリーニング屋さんに羽毛布団クリーニングを依頼するか悩みましたが、費用を考えてお安く気軽なコインランドリーで洗ってみることにしました!

カバーを取り外し、3つ折りに畳んだ布団を、端からくるくる~と巻きます。

13キロ対応(羽毛布団1枚までとの表示がありました)の洗濯機で洗います。

使用した洗濯機は、ぬるま湯で洗ってくれるタイプでした。

30分ほど洗濯・脱水した後は、乾燥機に布団を広げてレッツ乾燥!

こちらは50分かけました。

まんべんなく乾かすために、途中、扉を開けて裏表を返しました。

乾燥機から取り出すと、触ってみた限りでは完全に乾いています。

ただ、一度濡れたせいか、少し獣臭がするので、ベランダに干してしばらく風に当てました。

※天日干しする場合は、必ずカバーを付けましょう!(日光で側面地が傷んでしまいます)

↑わたしはすっかり失念していました…

獣臭が取れたので布団を取り込みます。

ふわっふわです!

さすがに新品同様とまではいきませんが、今までのぺちゃんこ状態と比べると、明らかにふわふわ度が違います。

重さもかなり軽くなりました!うひょー!

布団を縦にコンパクトに畳んで、くるくる~と巻き、収納ケースへ。

この時、少しだけ開閉口を開けておくと、通気性がよくなるそうです。

さすが布団のプロ、西川さんやで…!

無事、我が家の魔境こと寝室のクローゼットにも収まりました。

寒くなってきたらまたよろしく頼むよ!

これからはコインランドリーを使うことに決めました

片づける前は「あー面倒臭いな…」と正直思っていたのですが、作業自体はめちゃくちゃ簡単でした。

いいから、とりあえず布団持ってコインランドリーに行け!(過去と未来のわたしへの檄)

あとは優秀な機械が勝手にやってくれるから…(入れ替えと裏表返す手間は要ります)

かかった費用は、「洗濯600円」+「乾燥500円」=1100円でした。

お金をかけてもいいからもっと楽にしたい!というなら集配と発送を丸ごとしてくれる宅配クリーニングを利用するのが良いと思います。

プロの仕上がりですし、かなり楽そう。うちもお金があるならこれを使いたい。

なにはともあれ、後回しにしていたタスクをひとつ消化することが出来て、嬉しいです!

【送料無料】掛け布団 掛布団 シングル シンサレート ウルトラ150 日本製 掛布団 洗える ウルトラ15 抗菌 シングル SEK抗菌防臭わた使用 シングルロング 国産 シンサレート掛け布団 掛け布団 掛布団

価格:6,280円
(2018/6/8 12:22時点)
感想(2373件)


↑購入候補にしていたのはこれ。ほこり少なそうだし良さげ!

すっきり暮らす

▼ミニマリストブログを読む▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼ミニマルライフのお手本に▼
少ない服で着回す
やっぱり好き MUJI 無印良品
素敵な大人のシンプルライフ
30代のファッションと毎日。

▼シンプルライフ▼
シンプルに子供と暮らす
子育てとミニマリズム
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルで豊かな暮らし
親の家の片づけ

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加