ミニマリストだけど、これだけはずっと使い続けたい!大切な「うつわ」たち。

こんにちは、だらみです。

毎日使う食器

お気に入りのものであれば、たとえばご飯とお味噌汁だけという簡素な食事でも、お腹だけでなく心も豊かになる気がします。

今回は、ずっと使い続けたい、大切な「うつわ」たちをご紹介いたします。

スポンサーリンク

大切な「うつわ」たち

白山陶器 平茶わん

白山陶器の平茶わん。左が夫、右がわたし。

夫の物はマットな質感で、藍色の曲線がとても美しいデザインです。

対して、わたしの物はツルツルとしていて、カラフルな水玉模様。

同じ形なのに、こうして比べてみると印象が全然違いますねえ。

普段はごはんを盛るのに使いますが、おかずやお菓子を入れるのも良さそう。

普通のお茶碗より平たいので、いろんな使い方が出来ると思います。

手製の湯呑み

その昔、陶芸体験で作った2個の湯呑み

夫はグラス派なので、使うのはもっぱらわたし。

白湯を入れたり、番茶を入れたり、冷たい麦茶を入れたり。

コロンとした形で、重すぎずちょうど良いサイズ感です。

陶芸の先生に釉薬、焼き等の仕上げをしていただきました。

使う度に、かわいい色選びをしてくださったな~と思います。

白山陶器のとり型箸置、猫の箸置

ひとめぼれした白山陶器のとり型箸置

結婚した時に、夫婦2人分を購入しました。

ツルンとしていて、ふんわり青みがかった白磁のかわいこちゃんです。

猫の箸置は、「もくもくランド」という林業振興イベントに参加した際にいただいたプレゼントです。

高知にある工房さんで手作りされたもの。

伸びている姿がなんともかわいい。

どちらの箸置も好きです。

「うつわ」は暮らしを潤すもの

食事をする時に使う食器は、本音を言えばなんだっていいんです。

それが無ければ食べられない!というものは無い。

けれど、美しい平茶わんに真っ白なほかほかごはんを盛る瞬間。

温かな番茶を湯呑にそそぐ瞬間。

箸置に箸をセッティングする瞬間。

ただの食事、ただの食器ですが、わたしに、家族に力をくれるもの。

「うつわ」にはそういう暮らしを潤す役割があると思うのです。

▼素敵なミニマリストブログがたくさん!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼シンプルライフ的断捨離!
親の家の片づけ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルに子供と暮らす
子育てとミニマリズム
すっきり暮らす

▼ミニマルライフのお手本に
素敵な大人のシンプルライフ
30代のファッションと毎日。
少ない服で着回す
やっぱり好き MUJI 無印良品
シンプルで豊かな暮らし

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加