毛玉は愛おしい、されどみっともない

スポンサーリンク

スポンサーリンク



蒸せますねえ…
もう暑いから羊羹食べて涼むしかないなあ仕方ないなあ

羊羹を頬張りながら、今日は秋冬ものを整理します。

にほんブログ村 トラコミュ 少ないモノで暮らすへ
少ないモノで暮らす

↑スッキリとした暮らしを目指して

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル大広告

今日、捨てたもの

fotor_147503382783586

・トレンカ
・タイツ

足裏とくるぶし辺りに毛玉がありまして、毛玉取りでも取り切れませんでした。
これ以上すると生地が破れそうなので処分いたしました。

冬は寒いので、ワンピースにはレギパンを履きます。
よってタイツを履く頻度は激減。
もう私若くありませんので、タイツよりレギパンのほうがホッとするというか周囲に無害というか、まあ履きやすいんですな。

毛玉は愛おしい、されどみっともない

毛玉が発生するのは、その衣服を使った証。
好きな衣服を身に着けた証は愛おしいものです。

だがしかし、みっともない。

毛玉を付けたまま着るのは、身なりに気を遣っていないということ。
生きるために、体温調節をするために服を着ているのなら、毛玉を取らなくても致し方ないと思います。

されど、社会に身を置き、その上で生活するのなら、せめて毛玉をとって、衣服を身に着けていたい。
毛玉は愛おしく、されどみっともない。

今回の断捨離で残った黒タイツは、冠婚葬祭用の2足だけ。


▼参加トラコミュ▼
すっきり暮らす

持たない暮らし

シンプルで豊かな暮らし

少ない服で着回す

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

▼参考になります【断捨離・ミニマリスト】ブログ▼
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする