熊本地震。私がすべきこと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



今回の熊本地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

16日深夜の本震では、私の住む高知県も揺れました。震源地近くに住む方たちはどれほどの恐怖と苦しみを味わっているのだろうかと思うと、胸が締め付けられます。食糧や生活必需品がなかなかお手元に届かないというニュースを見る度、焦りが募りますが、現場の混乱状況が早く解決されることをただ祈るしかありません。復旧のためにも、度重なる余震がどうか早く収まりますように。

私ができることは、日常生活をいつも通りに送り、経済を回し、冷静に行動すること。防災用品・備蓄品を見直し、避難ルートと避難場所、そして家族との連絡方法を再確認すること。支援募金をすること。

日本に住んでいる限り、地震は必ずやってきます。高知県は南海トラフ地震がいつ発生してもおかしくない状況です。地震発生と同時に、津波・大規模土砂災害が発生する可能性があります。ローカルニュースでは毎日防災情報が放送されており、防災意識が高い地域だとは思いますが、今回の地震から改めて学ぶところがたくさんありました。

命を守るためになにができるか、なにをすべきか。日常生活と同じレベルで防災を考えなくてはならないと思います。

▼高知県の防災情報です。他県の方も参考になれば。
南海トラフ地震対策課(南海トラフ地震情報と非常持ち出し品・安全対策等の紹介)
こうち防災情報(災害時の体制状況や避難情報など。Twitterも)
高知県防災マップ(津波浸水予測、液状化可能性予測、土砂災害警戒区域をマップで確認できる)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク
レクタングル大広告