【着飾ること】パーカ亡き後、何を着ればいいんだ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



汚れてもジャケットやカーディガンみたいに洗濯に気を遣わず、ごしごし洗える。

少し肌寒い時にさっと羽織ることができる。

ママに限定していえば、万能授乳服。

カジュアルに着こなせる。

それがパーカ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

愛用のパーカに穴があいたので

Fotor_146060614608463

かれこれ8年ほどは着ていたでしょうか、愛着のあるパーカです。

組成は綿95%、ポリウレタン5%で伸縮性があって体を締め付けず、かつきれいなラインのデザイン。
薄すぎず厚すぎずの生地で、春夏秋と大活躍。まさにヘビーローテーション。

しかし、長年着たためか肘のあたりに穴があき、部屋着におろしていましたが、とうとうその穴も大きくなってしまいました。

そうなると着ていて、少しみじめな気持ちになってしまいます。

ああ、私と一緒に長い時を過ごしてくれてありがとう。

本当に便利だったよ!と言いながら瞬時に資源ごみ袋に詰め込みました。決心は固まったのだ。

次のパーカは買うの?買わないの?

どうしようかなあ、という心境です。正直、迷っています。

羽織りにはシャツを使ってみますが、最近の寒暖差にめげそうな気も…

Fotor_145863154993248

そろそろ暖かくなるだろう、と楽観視して、必要なら次のシーズンに購入しようかと。

「迷うなら買わない」という私の中のルールで、今は買わずに過ごしてみることにします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする