「皮膚」のように纏っていた服にお別れを

スポンサーリンク

スポンサーリンク



暖かくなったかと思えば、冬の寒さが戻ったり…三寒四温ですね。

薄い生地の服も出しておこうかと、クローゼットの中を整理。

合わせて、服の状態もチェックすると、裾が傷んだものを見つけました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

それはまるで「皮膚」のように

Fotor_145826964953923
インディゴブルーの綿生地ワンピース。

丈が短いワンピースというか長いチュニックというか迷うところですが、とっても着心地が良く、取り扱いも楽なのでしょっちゅう着ていました。
妊娠中も授乳中もその使い勝手の良さからヘビーローテーション。まさに「皮膚」のように纏っていました。すっかりくたくたになって、そっと肌に沿ってくれるのです。

冬の間、クローゼットに眠っていましたが、今日出してみると…
裾に傷みがあり、生地は擦り切れ、糸が飛び出ていました。

あれだけ着たのだもの。そりゃ消耗するよねえ。
部屋着にしてもいいのですが、もう既にあるものを増やしても収納の肥やしになるだけとわかっています。

さようなら、ありがとう。

「モノ」を最後まで使い切る

Fotor_145826972092594
チョキチョキ…と裁ちばさみで裁断し、ウエスになりました。
食器や調理器具の汚れをふき取る、最後の仕事をしてくれるでしょう。

出会いもあれば別れもある。そんな衣替えの季節です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする