片づけの解剖図鑑

このところ、片付けに関する本を貪るように読んでいます。
おかげさまでやる気がみなぎってきます!
今日は鈴木信弘さんの「片づけの解剖図鑑」を読みました。

いわゆる「こう収納したら片付きますよ~という片付け指南本」ではありません。

建築の観点から、生活の中での人の動線や、暮らしやすくするための空間の使い方といった、片づけるための理論=「ルール」を詳しくまとめています。

挿絵も多く、理論がわかりやすくて良いです。

スポンサーリンク

なんだか暮らしにくい…その理由

images

どんな暮らしがしたいか、明確にしてから新しい家を建てる。暮らしの「ルール」に沿った家づくりをする。そうすれば、自分の理想の暮らしができる家に住めます。新築を予定している方にはとても役立つ本かと思います。

だからといって、現在住んでいる家がある人にとって全く役に立たないかといえばそうではありません。

なんだか今のリビングが狭く感じる…とか、キッチンに食器と食品が溢れて困っているとか、少しでも気になっていることがある人は、家具の配置や収納場所を変えてみるなど、「ルール」を取り入れて改善することができます。私もリビングのテーブルにこまごまとした文房具や電子機器類が集まってしまうので、テーブルのそばに引き出し棚を設置しておいて、取り出しやすく管理しやすいように整頓しておこうと思いました。

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加