「家族と過ごす」ためのリビングについて考える

うちの間取りは2DKです。

一部屋をリビングとして使い、もう一部屋は寝室にしています。

さて、このリビング…けっこう狭いんですよねえ。

スポンサーリンク

うちのリビング

Fotor_145032648798220
リビングにある家具類一覧

・テレビボード(AV機器、PC周辺機器を収納)
・こたつテーブル
・ソファー、ブランケット
・カラーボックス(子供の衣類、オムツ、絵本を収納)
・おもちゃ

家族が集まる場所なので、使い勝手が良いようにいろいろな物があります。
プリンターの上にクリスマスツリーがあるのは…ここがちょうど良かったのだ…。

去年まではこたつ布団を出していましたが、子供が歩けるようになったため、足を引っかけたら危ないのと食事のとき汚れやすいので今年は出していません。寒ければブランケット&エアコンで乗り切る。

狭いリビングのメリットとデメリット

Fotor_145032641181163

狭い部屋は狭いなりに掃除が簡単で、冷暖房が効きやすいのがメリットでしょうか。

ソファーとテレビの存在感がどうしても大きくなるのでそこが悩みどころ。テレビはもっと隅においたほうがいいかもしれない。
ソファーは3年前に買った安物で、少しへたりが出てきています。もう少しコンパクトな物か、無印のアレにしたいのですが…
子供がプラレールに夢中なので、遊ぶスペースを広くしてあげたいです。

妊娠中&授乳中はソファーがあって良かったと思います。特に妊娠中は腰が痛く、床に座ると立ち上がるのに一苦労。ソファーだと寄りかかれるから楽。授乳も時間がかかるので、腕と腰に負担が発生します。それをサポートする意味でソファーに寄りかかっていました。
子供はもう一人欲しいので、ソファーを処分するのはもう少し先になりそうです。

一緒に暮らす家族の気持ちを尊重しながら、すっきりとしたリビングを作っていこう。

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加