毎日を楽しむための、モノ選びルール3つ。

スポンサーリンク

ラクするためのモノ選びルール

こんにちは、だらみです。

OURHOMEのEmiさんの著書『わたしがラクするモノ選び』を読みました。

その中で、楽するためのマイルール3つというものが紹介されていたので、自分と照らし合わせてみました。

その1:時短になる

家事に育児に仕事に…と忙しい毎日。

全てに全力で挑戦するのもアリだと思いますが、それが毎日続くと健康も心もポキッと折れてしまいます。

特に私はメンタルが弱いので…できるだけ苦手なことをする時間を短縮させたり、そのものを減らしたりする必要があります。

私が苦手なこと、それは料理と洗い物

Emiさんがご紹介されていた貝印のキッチンバサミ、私も持っています。

子どもが小さい時は、取り分けた料理を細かく切るのに重宝。

今はお肉を切るのに使っていますが、購入して2年経っても切れ味抜群。

包丁とまな板を使って洗うのが面倒…という時によく使います。

刃は着脱して洗えるので、衛生的にもOKです。

キッチンバサミを使って、苦手な家事の時間を短縮!

その2:子どもが自分でできる

子どもにはできるだけ、自分のことは自分でするようになってほしい。

3歳の息子。

少~しずつですが、自分でできることが増えてきました。

おもちゃの片付け、脱いだ服をかごに入れる、着替えを出すなど。

失敗してもいい。

自分で最後までやってみることが大事だと思います。

そのために、子どもが使いやすいように収納方法を工夫しています。

手を出したいところをグッと我慢して、見守っています。
そうすれば、将来自分がラクできるとを信じて。^^;

その3:使いまわせる

専用品ではなく、いろいろな用途に使いまわせる物を選ぶ。

我が家のTVボードはスライド式で、最短1メートル~最長2メートルにまで伸縮できます。

今は長めにして、テレビとプリンタを設置。

もしテレビ・プリンタが家から無くなっても、縮めてラックにすることができます。

毎日を楽しむために


私がラクをして得たいもの、それは家族との時間・一人で過ごす時間です。

その時間が少しでも増えたらいいな、と思いながら毎日生きています。

家族と健康に過ごせる時間も、一人でゆっくり趣味を楽しむ時間も、いつ無くなるかわかりません。

できるだけ、楽しめるように。

Emiさんの著書は、どれも「今」を暮らすための創意工夫がいっぱいあって勉強になりました。


◆ミニマルライフのお手本に◆
素敵な大人のシンプルライフ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
少ない服で着回す
シンプルで豊かな暮らし
すっきり暮らす
ユニクロ・しまむら・西松屋deルンルン♪

◆ランキングに参加中です◆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加