「加湿器肺」って何?正しくお手入れをして予防を!

こんにちは、だらみです。

冬は空気が乾燥しやすいですね。

加えて暖房を使うので、より乾燥してしまいます。

そこで、加湿のために加湿器を使う方も多くいらっしゃると思いますが…

「加湿器肺」って聞いたことありますか?

スポンサーリンク

「加湿器肺」って何?

加湿器肺は、加湿器が原因で発症する「過敏性肺炎」のこと。

咳がひどく、風邪のような症状のため、「風邪をひいたのかな?」と風邪薬を飲んでも治らない…

加湿器を使っていない時は症状が軽減することが特徴的です。

加湿器内部の真菌や細菌が空気中にばらまかれ、それを吸うことで過敏性肺炎を起こしてしまうのです。

予防方法は?

加湿器肺を予防するためには、加湿器の取り扱いに注意する必要があります。

きちんと加湿器をお手入れすることが最大の予防となります。

  • 使うたびに、水を入れ替える
  • 週1回程度、次亜塩素酸ナトリウムで消毒するか完全乾燥させる
  • 定期的にフィルターを交換する
  • 蒸気噴出口やタンク内をこまめに掃除する

除菌機能が付いている加湿器でも、全ての菌を除去できるわけではありませんので、お掃除はしっかりしましょう。

また、超音波加湿器は超音波によってタンク内の水の塩素が急速に抜けてしまうため、水が菌に汚染されやすくなります。

どんな加湿器でも、お手入れをしっかりすること!

それと、部屋自体の換気も忘れずに。

加湿方法アレコレ

「加湿器肺」については、園からのおたよりで初めて知りました。

健康のために加湿器を使うのに、逆に健康を害してしまうなんて…

菌は目に見えないからこそ、気を付けなければならないなと改めて思いました。

昔は無印良品のアロマディフューザーを持っていたのですが、お手入れが面倒になって手放しました。

ディフューザーのお手入れさえ面倒くさがっていたわたしが加湿器を所持していたら、加湿器肺まっしぐらだったでしょう…

で、実際にうちでどんな加湿をしているかというと、もっぱら濡れタオルの部屋干しです。

加湿器ほどの加湿力はないものの、お手入れが簡単で続けやすい!

他には、洗面器にお水を入れて置いておく、観葉植物を置く、マスクを装着するなどの方法があります。

気道粘膜の防御力を保つためには、湿度50~60%を保持することが望ましいそうです。

(参考:厚労省インフルエンザQ&A「Q.9: インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?」

カビ、換気、衛生に気を付けて加湿したいところです。

冷え込みが強くなり、インフルエンザなどの感染症が流行するこの季節。

正しく加湿して、健康に過ごしたいですね。

にほんブログ村テーマ 少ない服で着回すへ
少ない服で着回す

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

にほんブログ村テーマ 心地よい癒しの暮らしへ
心地よい癒しの暮らし

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

▼にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。下のバナーを押していただくと、人気のブログをご覧いただけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加