【2017年】持っている服すべて

こんにちは、だらみです。

大晦日ですね。

我が家はわたしの実家に帰省し、年を越します~。

さて、今年最後の更新は何にしようかな、と考えてこちらにしました。

スポンサーリンク

今年持っている服全て

ゆっくり服の断捨離をし、手持ちの数がだいぶ少なくなってきました。

しかし、体重の大幅な増加によりサイズアップを余儀なくされ、「やせたら着られる服」を未だ手放せずにいます…

いや必ずダイエットを成功させるんだ…!

そんなリアルクローズを写真一覧にしてみました。

服の内訳としては、

  • トップス12枚
  • ワンピース11枚
  • アウター2枚
  • ボトムス5枚
  • スーツセット
  • 喪服2枚

以上34枚です。

前は200枚超あったので、随分減ったなという印象ですが、「着られずに持っているだけの服」があることを考えるとなんかモヤモヤしますね。

手放したり新規購入したりする中で、ちゃんと服を着るために必要なことは何か考えてみました。

  1. 今の生活に合った服を見きわめる
  2. 体型維持につとめる
  3. 予定にないものを買わない

特に、3番目の「予定にないものを買わない」は過去の失敗を踏まえてのものです。

1枚増えたところでジャマにはなるまい!と当初買う予定に無かったものをセールなんかで買ってしまうと、わたしの場合は高確率で「タンスの肥やし」になっていました。

必要性の無いものだから、袖を通す回数は数えるほどしかない。

いつも着る服は決まっているので、着ない服は消耗されずにきれいなまま保管されるだけ…

あーもったいない。

その使わない服を買ったお金を、本当に使う服の購入資金に当てられたのに。

そんな感じで、服に関する手痛い経験を積んでようやく「自分に必要な服」を見きわめられるようになってきました。

まだまだ道半ばですけど。

服という道具について考える

服は体温調節のためだけでなく、自己表現方法のひとつにもなります。

だからこそ、昔のわたしはいろんなジャンルのたくさんの服を持てばおしゃれな自分を演出できると思っていました。

それもやりきって満足した今は、自分に生活に則した服があれば十分だと考えています。

洗濯しやすくて、シワになりにくくて、動きやすい服。

それが今のわたしに必要な服という道具。

おしゃれ度は低いかもしれませんが、気楽に着られる服がとても心地よいです。

来年はどんなワードローブになっているかな?

にほんブログ村テーマ 少ない服で着回すへ
少ない服で着回す

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

にほんブログ村テーマ 心地よい癒しの暮らしへ
心地よい癒しの暮らし

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!

▼にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。下のバナーを押していただくと、人気のブログをご覧いただけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加