服の寿命、捨て時っていつですか?

こんにちは、だらみです。

「服の寿命」、「服の捨て時」

捨てる決心がつかない時によくネット検索していたキーワードです。

見た目も良いし傷みもない服だと、特に捨てるのに迷いますよね。

誰かに「これ、捨ててもいいんじゃない」と背中を押してもらいたかったのだと思います。

スポンサーリンク

教えて阿部先生!

fotor_147889568469178

というわけで、生活研究家・消費生活アドバイザーの阿部絢子さんの「かしこく暮らす100の知恵」を読んでみました。

阿部さんにとって、着続けるということは、

「着る、手入れする、また着る、とぐるぐる回しながら、長く大切に着続け、いろがあせたり、よれたり、焼けたりしたら普段着にして、さらにほつれたり、穴が開いたりしたら、ハサミを入れて雑巾や古布にしていく」

ことだそうです。

・Tシャツ、ブラウス、ジーンズなどは、よれよれになってきたときは室内着に下ろす。

・黄ばみ、擦り切れ、ほつれなどが出てきた衣類はウエス(古布)にして、再利用する。

これらを実行するためには、大前提として、自分の体に合ったサイズで、ずーっと着続けられるくらい気に入った服を持っていなければなりません。

どうでもいい服なら、これほど長く着たいと思わないでしょう。

お気に入りの1枚を着て、着て、着倒して、ウエスにするまで着続ける。

そういう覚悟ができない服は、あまり持たないほうがいいのかもしれませんね。

モノも服も大事に使い尽くす

どんなモノも服もそうですが、最後まで大事に使い尽くしたいと思っています。

今あるものを使い切る、それが私のモノとの向き合い方です。

今回取り上げた阿部さんの考えは、私と合致するものだったので、ほっとしました。

最後まで使い切る覚悟のないモノは持たない。持ち込まない。

今使っている物は、大切にケアしながら、最後まで使い切る。

新しく服を購入する時も、この考えを頭の隅に置きながら、「最後まで使い切れる代物かどうか」じっくり考えたいと思います。

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

にほんブログ村テーマ 心地よい癒しの暮らしへ
心地よい癒しの暮らし

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

▼にほんブログ村、ブログランキングに参加しています。下のバナーを押していただくと、人気のブログをご覧いただけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加