ガーン…エキストラバージンオリーブオイルが偽物ばかりって本当?

オリーブオイルの中でも最高品質とされる「エキストラバージンオリーブオイル」。

オリーブの実を絞ってろ過し、一切化学的処理を行わないバージンオイルのことで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100gあたり0.8gを超えないものを指します。

oil-1

スポンサーリンク

オリーブオイルの特徴

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸には、動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防する効果があります。また、胃酸の分泌を抑えるため、胃もたれや胸やけすることが少なくなります。

さらに、ヒトの皮脂の41%がオレイン酸であることから、オレイン酸を多く含むオリーブオイルは肌なじみがよく、保湿力が高いため美容に効果大なのです。

特に「エキストラバージンオリーブオイル」は、上記の数々の効能に加え、抗酸化作用を持つので老化防止や更なる美容効果をもたらします。

うーん、良いこと尽くしですね。

エキストラバージンオリーブオイルは偽物ばかり!?

そんなエキストラバージンオリーブオイルに偽物が出回っているとの記事が…

【週刊文春】エキストラ・バージン・オリーブオイルは「偽物」ばかり!

どうやら以前から指摘されている様子。

【J-CASTニュース】オリーブオイルの「エキストラバージン」は「偽物」ばかり スーパー陳列の8~9割は国際規格に合っていない 

偽装オリーブオイルの多くは、低級の植物油に植物エキスで香りや色づけしたり、瓶などに規格基準の違うラベルを貼ったり、架空の生産者の名前やそれらしいブランド名をつけたりといった手口で販売。とくに高値がつくエキストラバージンオリーブオイルでは、安物のオイルから不快な味とにおいを取り除き、わからないように精製加工する方法がまん延しているそうだ。

確かに高いからなあ…偽装して売れば売るほど儲かるんだろう。

日本オリーブオイルソムリエ協会は、「エキストラバージンは、いわばフレッシュジュースと同じ状態です。オレンジジュースで考えていただくとわかりやすいと思いますが、果汁100%といっても濃縮還元のジュースがあるように、工程によって異なります。エキストラバージンは生の搾りたてですから、おいしいのですが日持ちもしませんし数に限りがあります」と説明する。

年中安定した供給がされていること自体おかしいってことかしら。

ちなみに、日本には国際的な品質規格である「エキストラバージン」規格の法規定そのものがないため、偽エキストラバージンオリーブオイルが出回っても、「品質偽装」には当たらないそうだ。

なにー!やりたい放題じゃないの!

ちゃんと規格に合ったエキストラバージンオリーブオイルはどれくらいあるのかしら…

J-オイルミルズ日清オイリオなどの日本の大手油脂製造販売企業が取り扱っている物はどうなのでしょう?J-オイルミルズは指定農園からオイルを輸入し、日本で瓶詰しているとのことですが。

さすがに小豆島産の物は大丈夫だと信じたい。検索上位に出てくる【井上誠耕園】さんは、初絞りの季節限定商品を取り扱っているみたいだし。

こういうのは疑ったらきりがないんですけどね…

信頼できる生産者・販売者から購入するか、ほどほどの物に落ち着くかは消費者次第ということでしょうか。

とりあえず新鮮なものは新鮮なうちに、美味しく頂きたい!ということでうちにある油脂製品のチェックしてきます。食用油は開封したら1,2か月で使い切りたいところ。

スポンサーリンク
こちらもおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加